ジェマ・ジョーンズ

1942年、イギリス・ロンドン生まれ。現在イギリスでもっとも評価されている女優のひとり。英国王立演劇学校で演技を学んだ後、舞台とTVを中心にキャリアを積んできた。ケン・ラッセル監督の『肉体の悪魔』(71)で映画デビューして以降、『オスカー・ワイルド』(97)、『ヴァージン・フライト』(98)に出演。その他の作品は『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(04)、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(02)、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(09)、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(11)といった大ヒット作品、アン・リー監督の『いつか晴れた日に』(95)、『シャンハイ・ナイト』(03)、『善き人』(08)等。