フリーダ・ピント

1984年、インド・ムンバイ生まれ。『スラムドッグ$ミリオネア』(08)のヒロイン、ラティカ役のオーディションでダニー・ボイル監督の目に留まり、大ブレイク。『スラムドッグ$ミリオネア』(08)の成功後は、ジュリアン・シュナーベル監督の『ミラル』(10)、そして本作に出演。以降『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(11)、マイケル・ウィンターボトム監督の『トリシュナ』(11)、『インモータルズ-神々の戦い-』(11)等で着実にキャリアを積んでいる。