Woody Allen
ウディ・アレン

ウディ・アレン
〈監督・脚本〉

1935年、ニューヨーク州・ブルックリン生まれ。ユダヤ系の家庭で生まれ育ち、映画、ジャズ、コミック、手品に傾倒しつつ、高校在学中にギャグ・ライターとしてデビュー。その後もライター、放送作家の仕事をこなし、新聞やラジオにギャグを提供、1960年からはスタンダップ・コメディアンとして活動した。1965年、脚本も手がけたクライヴ・ドナー監督作品『何かいいことないか子猫チャン』(65)で映画俳優として、翌年『What’s Up, Tiger Lily?』(66)で監督としてデビューを果たす。

その後も『スリーパー』(73)等のシュールでスラップスティックな喜劇を次々と世に送り出し、1977年には当時の恋人だったダイアン・キートンを共演相手に迎え、都会的に洗練されたラブ・ストーリー『アニー・ホール』(77)を発表。同作品でアカデミー賞主要4部門を受賞した快挙に続き、巨匠イングマール・ベルイマンの影響を色濃く感じさせる『インテリア』(78)、愛するニューヨークの街をモノクロ映像で切り取った『マンハッタン』(79)も絶賛され、アメリカを代表する映画作家のひとりとして認知されていった。

1980年代には私生活のパートナー、ミア・ファローと組み、実験的なドキュメンタリー調の異色作『カメレオンマン』(83)、珠玉のラブ・ファンタジー『カイロの紫のバラ』(85)、アカデミー賞8部門の候補となった『ハンナとその姉妹』(86)等を発表。円熟期というべき1990年代に入ってからも『夫たち、妻たち』(92)、『マンハッタン殺人ミステリー』(93)、『ブロードウェイと銃弾』(94)、『誘惑のアフロディーテ』(95)、『ギター弾きの恋』(99)等の多彩な快作を連打した。

2000年代もほぼ年に1本の創作ペースを保ち、ニューヨークからイギリスに拠点を移した官能的なサスペンス劇『マッチポイント』(05)で新境地を開拓。近年も『タロットカード殺人事件』(06)、『それでも恋するバルセロナ』(08)、『ウディ・アレンの夢と犯罪』(07)、『人生万歳!』(09)といった作品に、皮肉とユーモアに満ちた独特の人生観を反映させ、新たなファンを獲得し続けている。本作の次に発表した作品『ミッドナイト・イン・パリ』(11)は本年度のアカデミー賞脚本賞を受賞し、日本を含む世界各国で大ヒットを記録、新たな絶頂期の到来を印象づけた。最新作は、情熱の都ローマを舞台に、コミカルでロマンス溢れる人間模様を描いた『To Rome with Love』(12)。アレン本人やウディ作品でおなじみのジュディ・デイヴィス、またジェシー・アイゼンバーグやエレン・ペイジといったフレッシュな面々からペネロペ・クルスやアレック・ボールドウィンまで多彩な俳優が顔を揃えている。日本では2013年夏の公開が決定している。

■ウディ・アレンのアカデミー賞受賞歴 *本人のみ対象 
[作品賞]アニー・ホール
[監督賞]アニー・ホール
[脚本賞]アニー・ホール
     ハンナとその姉妹
     ミッドナイト・イン・パリ